見栄えもよくオリジナルな結婚式の演出の決め方

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
見栄えもよくオリジナルな結婚式の演出の決め方

キャンドルサービス
せっかく楽しんでもらえる演出にするのであれば、招待客に喜んでもらえるような式にしましょう!

披露宴は結婚した二人のために行うものではありません。
披露宴でメインとなるのは招待客です。

招待客の皆さんが一番、喜んでくれるような披露宴にしましょう。
披露宴のプログラムは二人のコンセプトを具体化して決定します。

3ヶ月前からプログラムを決めよう

披露宴の3ヶ月くらい前から、披露宴のプログラムを細かく決定していきましょう。

会場の予約の時点で大まかな演出を決めてありますので、大抵はそれをもとに会場側が進行表やセレモニープランを作成してくれます。

それを土台にして会場の担当者と打ち合わせをし、細かい部分を決めていきます。
レストランでのウエディングの場合は、決まったパターンの中から選ぶ形になります。

希望するプランが選択肢の中にない場合は、自分たちで一から決めていきます。
始めにどんな披露宴にしたいというコンセプトを決めましょう。

ふたりの結婚式の演出コンセプトは?

「同窓会のような雰囲気にしたい」「ゆっくり食事を楽しんでもらいたい」
「和やかな雰囲気で話しをしてもらいたい」「お世話になっている人にお礼が言いたい」

こういった柱の部分を具体的に言葉にすることで、会場担当者にもふたりのイメージが
伝わりやすくなります。

柱のイメージが決まったら、当日の全体的な流れを決めていきましょう。
挙式と披露宴を同じ会場で行うなら、挙式と披露宴の間の時間も余裕ができます。

写真撮影用に使うか、それでも時間が余るなら控室を用意するか、そこでどんなものを提供するかも調べて考えておきましょう。

また、挙式前に両家の顔合わせを行いますので、その時間や場所、挙式のタイムスケジュール、
挙式と披露宴の間のサービス、主賓の挨拶や乾杯の発声、祝辞、余興などに登場する人の数、
その他についてしっかりと具体的に話し合いをします。

会場に決められた一定の時間に収まるようにしましょう。

二人らしい演出プラン

最近は結婚式場で用意されている演出プランの中から選ぶのではなく、一から自分たちで考えてオリジナルのアイデアで披露宴を進めるカップルが多くいます。

しかし、会場の時間の問題、予算の問題がありますので、くれぐれも現実的なものを提案しましょう。

人気の演出プラン

ウエディングケーキ入刀

定番の演出ではありますが、これがないと披露宴という感じが出ません。
オリジナルケーキを作ってくれる会場もあります。ケーキの持ち込みは不可です。

シャンパンタワー

高く積み上げたグラスに二人でシャンパンを注ぎます。
そのあとにシャンパンで乾杯をします。ガーデンウエディングで特に人気です。

ドラジェ・サービス、フラワー・サービス

ふたりで各テーブルを回り、招待客ひとりひとりにお菓子や花を配っていきます。
招待客の皆さんにご挨拶をしたいカップルに人気です。

キャンドルサービス

こちらも定番ですが、今でも人気上位の演出です。二人で各テーブルを回って
キャンドルをつけていく流れはシャッターチャンスでもあります。

鏡割り

和装での披露宴なら鏡割りが人気です。おめでたい雰囲気がステキです。

フラワーシャワー

挙式から出てきた新郎新婦に列席者が花をなげてお祝いします。
お米をまくライスシャワーも人気です。

生演奏

楽器の生演奏や外国人シンガーの歌などで招待客に楽しんでもらう演出です。
楽器演奏の得意な友人知人や専門の派遣会社に依頼をします。