自分のためだけじゃない!正しい挙式スタイルの決め方は?

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
自分のためだけじゃない!正しい挙式スタイルの決め方は?

挙式と披露宴のスタイル

挙式と披露宴にはさまざまなスタイルがあります。どのようなスタイルを選ぶかは主役の二人の自由ですが、まずは、結婚式の本来の意味を知っておきましょう。

結婚式を挙げるということは、二人がこれから一緒に歩んでいくという意思表示でもあります。
二人の決意を周囲に知ってもらいましょう。

その二人の決意を何に対して示し、何に誓うかによって結婚式のスタイルは違ってきます。

結婚式のスタイルには、さまざまなものがあり、ホテルウエディング、ハウスウエディング、ゲストハウスでの結婚式などがあります。

結婚式には宗教が関わる

日本の場合、欧米などに比べて宗教にこだわりがない人が多いので、結婚式のスタイルを選び時に宗教を考慮する必要がありません。
人気の挙式スタイルなど、好きなものにしましょう。

ですので、比較的自由に結婚式のスタイルを決めることができます。

しかし、もともと信仰している宗教がある場合は、そちらに従いましょう。

また、相手側が宗教を信仰している場合は相手側の宗教に従って結婚式のスタイルを決めましょう。
宗教によって、挙式スタイルの違いがありますので、一度調べ直しておくとよいです。

二人に特に宗教がない場合は、自由に決める事ができます。
よく話し合い、お互いの理想に近い結婚式のスタイルにしていくことが大切です。

いままで支えてくれた方々への感謝の気持ちと、自分たちの愛への誓いを伝えたいのであれば人前式という方法がよいでしょう。

まずは、二人でしっかりと話し合い、基本的なスタイルを決めましょう。

また、最近人気のフラワーシャワーやライスシャワーは式場によってはNGなところもあります。
このように自分たちがしたい演出が出来ない式場もあることを頭に入れておきましょう。

披露宴のプランを決める時は、招待客をメインで考える

披露宴のプランを考える時は、スタイルを決めることから始めましょう。
そして、一番重要なのは「披露宴の主役は招待客」ということです。

二人が今までお世話になった方々へ感謝の気持ちと、結婚の報告をするために行うのが披露宴なのです。
そのことを一番に頭に入れておきましょう。

披露宴の主役が招待客ということを忘れてしまうと、主役の二人だけが盛り上がるか、一部の招待客しか楽しめない披露宴となってしまいます。

招待したお客さん全てが楽しめるように、しっかりとすみずみまで気を使って準備しましょう。
二人のためにお祝いを持ってきてくれた招待客が楽しめる披露宴をプランニングしてください。

披露宴の形式

披露宴の形式には、以下のようなものがあります。

ホテルウエディング、ハウスウエディング、ゲストハウスでの結婚式などです。
また、一般的な着席スタイルの他には、ブッフェスタイル、和風スタイルなどがあります。

ホテルの式場などでもさまざまな要望に応えてくれるところもあります。
二人の予算内でオリジナリティーが出るように工夫しましょう。

また、料理を重視するならレストラン・ウエディングを選ぶと良いでしょう。