結婚式1ヶ月前にやるべき準備

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
結婚式1ヶ月前にやるべき準備

いよいよ結婚式まであと1ヶ月。
ある程度は準備もできたし、結婚式の前日くらいはゆっくりしたいものです。

意外とみんな準備が終わらず、前日までムービーを作っていたという人も。
まだまだ準備ができていない!という人も多いんです。

できれば結婚式前日はゆっくりしたいと思うなら、段取りの見直しは大切。
1ヶ月前準備をチェックしてみて、すぐに行動してみてくださいね。

花嫁・花婿に聞いてみた!1ヶ月前の準備ってどうだった?

週末・祝日に手作り準備

平日のフルタイム勤務だから手作り準備が間に合わない・・・という人も多いはず。
1ヶ月前だから彼と協力して週末・祝日は準備の時間に当てましょう。

忙しくてイライラ・・・

結婚準備のときに喧嘩をするカップルは多いんです。
イライラするときは思い切ってリフレッシュをするのも大切。
カラオケに行ったり、飲みに行ったり、2人で改めてデートをしてみてもいいですね。

後から思い出してみれば「準備も楽しかったな」と思えるはず。
喧嘩をしても、ひとまず忘れてまた前向きに結婚式の準備してくださいね。

準備が忙しいからといって落ち込まない

結婚式の準備は本当に忙しいですよね。
でもそれはみんな乗り越えてきた道。

他のカップルもパーフェクトではないものの、無事結婚式を迎えているはずです。
普通の人でもできるんだから、あなたでもきっとできるはずです。

6週間前から4週間前の準備

結婚式で使うアイテムは6週間前から4週間前に打ち合わせで決めていくのが一般的。

この頃になるとゲストの出席・欠席も決まってくるので、その人数もほとんど確定するはず。
席順を決めるなども進めていきましょう。
【結婚式の席順の決め方】

自分で手作りのウェルカムボード、映像などを用意したいのであれば
この頃からもう集めておいたほうがあとが楽ですよ。

この時期の注意点
ムービーなどで使う写真は、実家にある場合は早めに取りに行きましょう。
取りに行けない場合は、郵送してもらっても◎

ここで2人の昔の写真を見ながら思いで話に花が咲くなんてこともあるでしょう。
でもムービーの素材を作るための週末が潰れてしまうこともあります。

思い出話はほどほどにして、準備をどんどん進めましょう。

この時期までに終わらせておくべきこと
結婚指輪の受け取り
【結婚指輪はいつまでに選べばいい?】を参照
衣装を決めてしまう
ドレスの小物を決める
友人への受付と余興のお願い
ムービーの写真を決める
ペーパーアイテムの発注
挙式・披露宴のプログラムを決める
美容師さんとのヘアメイクの打ち合わせ
可能であればリハーサルの予約(プランナーさんと相談)

3週間前の結婚式準備

来賓人数の最終チェック

招待状を送ってみたものの、意外な人が欠席ということもあります。
また結婚式の招待状の返事がこない人は、この時点ですぐに連絡して聞いておきましょう。

席次表・席札をチェック

ゲストが来まったら席次表を決めていきましょう。
また名前の間違いがないか必ず確認してください。

当日のスケジュールをチェック

当日の流れはどうなっているのか確認。
本人たちが良くても、周りのゲストが知っておかなければいけないスケジュールなどもあります。
何時までに挙式に来ればいいのか、披露宴が何時からなのか尋ねられたらすぐに答えられるようにしておきましょう。

司会者とのMC打ち合わせ

ここでは2人がどのような形で出会ったか、どのように過ごしてきたかを尋ねられます。
司会者が上手に流れを作り、2人を紹介してくれます。

BGMリストと音源を渡す

プランナーからどこでどの音楽を流すかという紙を渡されているはずです。
入場曲・食事の曲・退場の曲など色々な場面で感動を盛り上げる音楽。
決まらなくても、とりあえずで全て書いておいて、あとで変更もOKです。
出さないというのが1番のちのち焦りになります。

ヘアメイクリハーサル

前撮りなどもこのあたりでリハーサルをおこないます。
当日のイメージなどは雑誌を持ち込んで自分の意見を伝えましょう。

2週間前に準備しておくこと

家族に当日の段取りを伝える
新郎、新婦の父母は招待する側です。
当日の演出や、最後の挨拶などにも来てもらう必要があります。
当日どの流れでお願いをしたいのかを伝えておきましょう。

ムービーの最終チェック

演出に使うオープニングやプロフィールムービーを最終チェック。
とくにエンドロールの場合は名前を間違えていることも多く、もう一度チェックしてみてください。

お車代などの祝儀袋

遠方から来てもらった友人や、親戚にお車代を出すのであれば、そのお祝儀袋を購入しておきましょう。

1週間前に準備しておくこと

手作りアイテムを完成
ウェルカムボードなど手作りの部分は全て完成させておきましょう。

来賓客へのメッセージカード書き

もし友人など1人1人にメッセージを書きたいのであれば、この間に書いておきましょう。

二次会会場への最終連絡

二次会のチラシは大丈夫?場所はきちんと把握している?
料金などは?このような疑問を友人に聞かれたらすぐ答えられるように
二次会会場へもきちんと連絡をして再確認しておきましょう。

数日前に準備してしまうこと

体の身の回りの準備

男性であれば爪切り、女性であればネイル。
または眉や背中などのシェービングは数日前にしておきましょう。

前日の準備

以上の段取りを終わらせてしまえば、ほとんどすることはなくなります。
花嫁であれば両親への手紙を書き終える、また明日お世話になる人たちへの挨拶の電話などだけで十分。

いよいよ明日が本番ということで、ゆっくり2人で独身最後の食事をしても良いでしょう。
チェックリストを作って、確実に少しずつ結婚式の準備を進めていってくださいね。