結婚式場の花の選び方

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
結婚式場の花の選び方

結婚式場を彩る花にこだわる

結婚式には花は欠かせない存在です。
ウエルカムボードにあしらったり、ブーケに使用したり、教会の席にも、披露宴の席にもあしらわれているものです。

一昔前でしたら造花がメインでしたが、現在はほとんど生花で行います。

母親や本人、親戚や女性の友人・知人の中にリボンフラワーを趣味にしていたり、当日のブーケを
そのまま残しておきたいという場合は造花を使う場合もあります。

花に対するこだわりを持つ方は、自分のお気に入りのお花屋さんにウエルカムボードの花やブーケを依頼する場合もあります。

店の選び方次第では、式場で用意してもらうよりも安く済む場合もあります。

持ち込んだ方が自分の好きなブーケにしやすいですが、管理は自分自身でしなければならないので、式までにブーケが枯れないように配慮したり、十分なケアをしてあげる必要があります。

結婚式において装花もとても大切な存在

結婚式場や披露宴会場、場合によってはエントランスなどにも花を飾ることが多くあります。
結婚式はおめでたいものですから、花をふんだんにあしらって華やかな雰囲気にすることが大切です。

花は価格が変わりやすいものですので、写真や実際に花を飾っている式場を見せてもらったりして、どれくらいの花を使って、いくらくらいの値段になっているのかチェックしましょう。
結婚式の予算でももっとも削りやすいのも花なので、予算に応じて選びましょう。

自分たちの好きな色の花にしたり、誕生花を飾ったりするカップルも多いのですが、注意をしたいのが
花の香りです。控えめな香りのものなら問題ありませんが、百合などはかなり香りが強いので注意しましょう。

また、当日着るドレスの雰囲気や色に合わせた花にすることも大切なのです。

花の予算も大切ですので、どんな花をどれくらい使うかよく考えて選びましょう。

ブーケ・ブートニア

ブーケとブートニアは、衣装が決まってから衣装の色やデザインに合わせて発注するものです。
ドレスの形によって、バランスがいいブーケがあるので、担当者と相談しましょう。

また、髪の毛や二の腕、首に花をあしらう場合はブーケに合わせて花をコーディネイトしましょう。
ドレス全体に花をちりばめたり、頭に花冠をかぶったりと、花を多用する場合は、花の管理を徹底しましょう。

花によって管理方法はさまざまです。お花屋さんに聞くか、自分で調べるか、勉強するかしてしっかり
管理する方法を把握しておきましょう。

せっかく生花を使った素敵な飾りつけも萎れてしまっていては台無しになってしまいます。
ブーケやブートニアは結婚式の1ヶ月前までに注文しておきましょう。

ブーケトスは今ではすっかり結婚式の定番の光景となりましたが、ブーケトス用のブーケはけがをしないように茎を短くカットし、小ぶりに作るのが一般的です。

手作りの際は、こういったマナーを踏まえて作りましょう。雑誌などを参考にするとよいです。
また、花にはそれぞれ花言葉があります。良い花言葉の花を選びようにしましょう。