結婚式の費用は全部でどれくらいかかる?

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
結婚式の費用は全部でどれくらいかかる?

結婚式の費用は全部でどれくらい?

結婚式の費用は招待客や自分がやりたいことによって随分変わります。

全国の結婚式の費用の平均は340万円くらいが相場。
ここでお色直しを何回するか、料理のコースはどうするかなどでお金が変わってきます。

また披露宴はせずにレストランウェディングだったりすると、費用も随分抑えられます。

もちろん自分達がやりたい全てを叶えられるのがベストですが、全部詰め込みすぎてもお金がかかりすぎて赤字になることに。
中には結婚後には親に借金をする形となるカップルもいます。

黒字になるのがベストですが、ブラメリ編集部ではなるべく費用を抑えながら自分達がやりたい結婚式を挙げられるスタイルを応援します。

黒字・赤字を決めるのはゲスト数

ゲストの数だけではありませんが、招待客で大きく予算が変わってくるものです。

結婚式でかかる費用は、一人当たり5.5万円ほどかかります。
対してお祝儀を貰う平均が3万円と考えると、1人あたり2.5万円ほど結婚式が赤字になる見込み。

招待客を呼べば呼ぶほど赤字になるのは1人当たり2.5万円の出費がどんどん増えていくからです。

もちろん中には7万円や10万円などお祝儀を大きく出してくれる親戚などもいるため、確実に2.5万円赤字になるわけではありません。

お祝儀というのは、二人の幸せを祈って今後の結婚生活への出費。

結婚式だけに使うお金という意味では本来ありません。
そういう意味では、お金をできるだけ残せるのがベストですよね。

あまりお祝儀をあてにしすぎても、足りなくなることもあるので、期待はほどほどにして、どれくらい結婚費用を削れるかを考えましょう。

結婚式費用を削るときは招待客から「ここは削ったな」などと思われないほうが良いですよね。
上手に予算を削ることで、招待客からも見栄えの良い結婚式を挙げることができますよ。

結婚式費用にかかるもの

結婚式の費用で1番かかるのは、料理。
料理は招待客が多ければ多いほど、どんどん増えていきます。

その他にも引き出物、カメラマンへの撮影料が結婚式でかかる大きな費用です。

とくに思い出を残せるカメラマンは結婚式費用が削りにくい部分です。

結婚式の見積もりからどれくらい予算が変わる?

結婚式の予算は何度か見積もりを出してもらえます。
1番最初に出してもらった見積もりから、大きく費用が変わってしまったカップルは8割。

ほとんどが結婚式の最初の見積もりよりもアップしています。
最初の見積もりは基本的なものしか含めておらず、招待客が増えたり、ドレスの持ち込み料などが追加されたり、最初の予算を遙かにオーバーしてしまうことがあります。

とくに消費税などの増税は、大きい金額だけに税抜きの場合、大きく費用が増えてしまいます。
事前にしっかり税抜きなのか税込みなのかをチェックしておきましょう。