結婚式の招待状の作り方@手作り?依頼する?

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
結婚式の招待状の作り方@手作り?依頼する?

結婚式の招待状は差出人の名前に配慮が必要

結婚式に誰を招待するかが決まったら、いよいよ招待状を準備します。

結婚式の招待状を作り、発送し、出欠席の確認をして結婚式当日の人数を式場に連絡する
必要があるので、以下の3つのポイントに注意して準備をしましょう。

1.文面などの検討や作成は結婚式の3ヶ月前までに済ませる
2.印刷と宛名書きの依頼は結婚式の2か月前までに済ませる
3.発送は遅くても1ヶ月以上前に済ませる

結婚式場は速めに招待客の人数を把握したいものですし、結婚式を挙げるカップル自身もはやく他の作業へ移りたいはずです。
招待状作りは前倒しで進めていきましょう。

結婚式の招待状作りはまず、招待状の差出人を決めるところから始まります。
古くからの習慣で招待状の差出人は両家の父親の連名にします。

しかし、近年では、結婚する二人の名前で発送することが一般的になっています。

招待客の中に年配の方がいる時は、両家の父親の連名でないことに抵抗を感じるかたもいますので、気を配りましょう。

どちらかの両親がすでに他界していたり、離婚している場合は、事情を説明して不快に年配の方が感じないようにしましょう。

連名で発送する場合

当人どうしの連名で発送する時は、親戚への招待状のみに「○○家長女」と書き添えましょう。
差出人の名前はお互いの両親に相談するとスムーズに決まります。

友人が発起人となって行う会員制の披露宴の場合は、その感じが差出人になります。
ただ、結婚式の招待状を受け取った方が混乱しないように、誰と誰の式なのかを明記します。

手作りの招待状

最近は輸入物のペーパークラフトなどを使って、結婚式の招待状を手作りするのが人気です。

天使やクマ、花束などの好きなモチーフを選んで作ります。

例えば、天使のモチーフを選んだら招待状だけではなく、装花やナプキンリング、引き出物、
それをいれる紙袋まで、全てに天使をあしらいます。

あまりこだわりが強すぎると予算もかかるし、準備も大変ですからブライダル用の印刷業者やプロデュース会社にお願いすると比較的楽にこだわりを実現することができます。

婚約や結納の時の写真を貼ったり、新郎・新婦それぞれの招待客に手書きのメッセージを書いたりするだけでも、手作り感がでてとてもよいです。

あまり、くだけすぎないように配慮して手作りを楽しみましょう。

結婚式の招待状の文面を決めましょう!

差出人によって結婚式の招待状の文面は大きく変わります。

招待客の客層によっても、同様に文面やデザインは変わって来ますし、新郎側と新婦側でも色を変えたりする工夫をするカップルもいます。

挙式・披露宴会場で招待状の作成を頼める場合もあります。

一般的な白い台紙のものからバースデーカードのようにこったデザインまで幅広くあり、招待状の文面もカップルの希望に沿ったものにしてもらえます。

また、手作りの招待状は持ち込み料がかからないので結婚式の予算が浮きますし、作成しやすいので人気です。
手作りの招待状の文面には以下のポイントを明記しましょう。

1.挙式・披露宴の日時
2.媒酌人と両家・本人たちの名前
3.式場と会場の名前と住所、電話番号、地図