結婚式の席次表の作り方と予算の抑え方

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
結婚式の席次表の作り方と予算の抑え方

名前や肩書に間違いがないかチェックしましょう

席次表作成の前に確認をしておいた方がいいことがいくつかあります。
受け付けを終えた招待客に自分の席がどこかを把握してもらうために渡すのが席次表です。

招待客が最初に目にするものですから、キチンとしたものを準備しましょう。

席次表に名前が載っているのに、当日にその席に誰もいないということがないよう、席次表を作る前に、出席者をもう一度確認してください。

招待状の返信はがきを整理してはがきが戻って来ていない人には電話やメールで連絡しましょう。
連絡漏れのないようにチェックを済ませてから席次表を作る工程に進みます。

子供の席次表はどうすればいい?

小さなお子さんがいる家庭には、子供が同席するのか、子供用のメニューが必要なのか確認しておく必要があります。
子供用の椅子も準備することになりますので、両親の間に用意します。

また、会場によっては託児所があるところもありますので、そちらを利用するかどうかの
確認もしておきましょう。途中で退席も出来るよう、テーブルは端の方に設置するといいです。

席次表の印刷を依頼しよう

出席者が決まり、席次が完全に固まったら印刷を依頼します。
席次表の印刷が始まったら席次の変更は出来ません。
入念に確認をしてから印刷依頼をしましょう。

席次表の新郎新婦と、その家族の名前意外に敬称をつけます。
ただ、新郎新婦で結婚して姓が変わった姉妹には敬称をつけましょう。

自分で席次表の印刷を行う場合は、印刷業者に分からないことを問い合わせてみましょう。
デザインは友人の結婚式の席次表などを参考にするのがオススメ。
誰かの結婚式に行ったら席次表をとっておきましょう。

一般的には招待状の印刷に入る前に校正作業をはさみます。
披露宴の準備でとても忙しい時ではありますが、大切なことですので丁寧に行いましょう。

招待をしてきてくださる招待客の名前や肩書に間違いがあることは、とても失礼です。
人事異動の多い時期での披露宴はとくに肩書に注意しましょう。

人事の異動があるかないかが分からない時は、本人ではなく周囲の人に聞きます。
女性の友人の披露宴までに結婚しているかどうかを確認し、姓の間違いがないようにします。

二人からのメッセージや詳しいプロフィールを乗せている席次の場合は、その部分の誤字脱字に
十分、注意をしましょう。

席次表の予算を節約したい場合は?

席次表をはじめとする印刷物は全て手作りすることができます。
自分で手書きで席次表を書き、自宅でプリントし、台紙に張って完成となると紙代のみで済みます。

専門の業者に依頼すると、予算がかかってしまいますしアットホームな雰囲気が出ません。
最近は、手作り感のある披露宴が人気ですので、手作りもおすすめですよ。

インターネット上に簡単に出来る席次表のデザインや方法が掲載されていることもありますので、
ぜひ、席次表のデザインを検索してみてください。

披露宴で、一番最初に招待客の目に入る席次表が手作りだとなんだかほっとしますよね。