結婚式の余興、受付、スピーチ、司会者の決め方

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
結婚式の余興、受付、スピーチ、司会者の決め方

スタッフはふたりで人選するのが基本

挙式・披露宴には晴れの日をサポートしてくれる信頼できるスタッフが必要です。

当日のさまざまな役割を受け持ってくれるので、二人の知り合いの中から適任者を見つけて依頼するようにしましょう。

会場側にお願いして手配してもらえる係もあるのですが、その場合でも二人で話し合いをし、人選することを基本にしましょう。

例えば司会者ならばキチンと合ってその人の人間性をチェックしましょう。

自分たちの持っている挙式・披露宴のイメージをしっかり把握できているか検討し、この人に任せていいかを判断しましょう。

カメラマンならば作品をみせてもらい、大丈夫か確認しましょう。

結婚式での司会者選び

披露宴の司会をプロの方に依頼するか、友人で話しが上手な方に依頼するかをまず決めます。
その上で披露宴の内容・雰囲気を左右する重要な役割である司会者を選びます。

二人の考えを柱に決めますが、友人に依頼するのなら、友人のプレッシャーを考えましょう。
司会者は料理をいただいている時間はありませんし、もちろんお酒も楽しめません。

これらを説明したうえで、引き受けてくれるかどうか聞いてみましょう。

また、きちんとした日本語を話せるか常識的な話し方ができるか、臨機応変に対応できるか、ユーモアのセンスがある人が理想ですが、人前に出ることに慣れていることも大切な条件です。

身近に適任な人がいない場合は、ホテル専属の司会者に依頼するか芸能人に依頼できる専門の派遣会社を利用することもできます。

しかし、こういったプロに依頼すると5万円以上の出費になりますし、結婚式の打ち合わせを何度もする必要があります。

祝辞や余興の依頼をする相手

二人のことをよく知っていて、礼儀正しい人にスピーチはお願いしましょう。
親の知り合いなどに依頼すると、心温まるエピソードも出てきません。

また、余興は身内だけで盛り上がったり、一部の人たちだけしか満足できないものにならない
ようにしましょう。

結婚式でのスピーチや余興の依頼

スピーチや余興を依頼する時はまず、電話で依頼をしましょう。
招待状にもそのことを書いておいて、招待状が届いたタイミングで再びお祝いしましょう。

また、余興の時間が短くなるのは、まだ大丈夫ですが、完全になくなるのは失礼です。
そうならないように時間の管理はしっかり行いましょう。

結婚式場での受付の依頼

受付の係は招待客を迎え大事な役割です。新郎側から男女1人ずつ、新婦側から男女1人ずつが
基本となっています。披露宴の最初の場面で役割を担うので慎重に人選しましょう。

その他の係

司会や余興、受付などの他にも、会計係や配車係、花嫁の世話約、2次会の幹事などが必要となります。
会計係は親族に頼みましょう。配車係は車の運転が得意な人に依頼しましょう。

花嫁の世話役は同棲の友人や親せきに頼みましょう。
2次会の感じは気の利く、責任感の強い人にお願いいたしましょう。