結婚式にかかる費用の相場と削りやすさ

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
結婚式にかかる費用の相場と削りやすさ

結婚式で大きくお金が変わってくるもの

来賓ゲストの人数

結婚式にはゲストを呼べば呼ぶほど赤字になってきます。
それは料理や飲み物、ペーパーアイテムがどんどん増えていくから。

ひとりでたった300円の違いでも、100人の招待客がいれば30000円の違いに。

「1000円違うならこっちのプランにしたほうがいいかな」と思っても、100人入れば10万円の違いにもなります。
しっかりと結婚式予算の内訳をチェックして削りたいところは削りましょう。

ゲスト1人1人を豪華に招きたい気持ちも分かりますが、たった数百円の違いでも大きく予算が変わることを意識しておきましょう。

一点物のアイテム

ドレス、ムービー、カメラマン、飾り付け、キャンドルなど一点物はそれぞれ単価も高め。
とくにカメラマンやムービーなどは、高額になりがちだけど2人の結婚式の思い出作りには外せないですよね。

当日は慌ただしくゲスト1人1人を見れないため、あとから結婚式ムービーを見て2人で楽しく感じることも。
予算を削りたいけど、思い出作りの部分は削りにくいでしょう。

結婚式にかかる小物などは交渉によってはかなり料金を減らすことも可能。
本当に必要なのか、自分にとってどこを強調したいのかを考えながら「ここは削れない、削れる」など考えていきましょう。

結婚式にかかる小物の内訳と相場

結婚式の料理の相場

1人当たり:平均1万4500円
料理は和風や洋風、またその土地の伝統料理など様々なコースから選べる式場もあります。
また和風、懐石などでも3つのランクに分かれるなど豪華さが違います。

料理は年齢層も考えつつ、ブライダルフェアなどで試食をしてから決めたほうが良いでしょう。

飲み物の相場

1人当たり:平均3700円
基本的に結婚式では飲み放題(フリードリンク)。
ビールやワインなどは飲み放題だけど、焼酎などを追加することで料金が跳ね上がることも。
また乾杯用やウェルカムドリンクは別などもあるので、プランナーさんと話あっておきましょう。

ウェディングケーキの相場

1人当たり:平均6万9500円
最近ではウェディングケーキは見せるだけでなく、ケーキカットをしたあとゲストに食べてもらうのが主流。
デザートは料理についているものの、デザートビュッフェなどは追加プランということもあります。
ただしデザートビュッフェは女性ばかりが食べて、男性はお酒メインということもあるので、女性客の人数も考えて追加するかどうかは決めたほうがベター。

ナプキンの相場

1人当たり:平均266円
カラーコーディネートとしてナプキンを頼むのであれば、金額がアップすることも。
基本的には無料だけど、ナプキンにまでこだわりたい人は追加する人もいます。
予算削減には削りやすいアイテム。

チェアカバーの相場

1人当たり:平均157円
ナプキンと同じで基本的には無料。
プランに含まれていて豪華になることもあり。
予算としては削りやすい部類なので、相当こだわりがなければ真っ先に削る部類。

メニュー表の相場

1人当たり:平均175円
料理のコースの紹介が書かれたメニュー。
結婚式場に入って真っ先に見てしまうのがこのメニュー。
結婚式場に頼むと平均175円と安く感じるけど、100人いれば17500円。
ここを削りたいのであれば、早めに手作りをしておきましょう。

席札の相場

1人当たり:平均159円
ゲストの席に置いておく名前表。
テーブルについたゲストが「自分がどこに座るか」という案内の札になります。
こちらも手作りをしやすいので、削りやすい部類。
裏にゲストへのメッセージを書く人も多く、工夫しやすいというメリットもあります。
ただしメッセージを書く場合も、早めに書いておかないとあとからバタバタしてしまうと手抜きになって、自分達が思うようにいかないことも。

席次表の相場

1人当たり:平均417円
自分達がどこに座るのか書かれた案内図。
親戚や友達などテーブルに分かれています。
手作りをするカップルも多く、2人のプロフィールを書いて乾杯まで読んでもらう工夫なども◎
式場に頼むと迷うほどデザインが豊富なので、豪華にしたい方はプロに頼んでも良いでしょう。

芳名帳の相場

平均:3300円
披露宴の受付でお祝儀を渡し名前を書いてもらう帳簿。
のちのちお礼状を出すに当たって必ず必要になるので用意しておきましょう。
カバーの素材やデザインなどで金額が変わってきます。

ゲストへの招待状の相場

1部当たり平均:396円
2〜3ヶ月前には送る結婚式の招待状。
こちらは手作りは少なく、フォーマルな形になるため結婚式場に依頼するのがベター。
高級素材を使ったデザインなどにすれば料金はアップ。

筆耕料の相場

1部当たり平均:191円
筆耕料とは招待状に宛名を書いてもらうこと。
やはりプロに頼むだけあって味が出て高級感は出ます。
ただし最近は自分達でプリントできるということもあり、削りやすい部分。
住所録をパソコンに打ち込む時間がないほど忙しい・・・という人以外は頼まなくても◎

ペーパーバッグの相場

1つ当たり:平均337円
引き出物などを入れる紙袋。
厚くて立派なペーパーバッグになると有料になることも。
自分達で用意する人は少なく、結婚式場の名前が入った袋を頼む人が多いアイテム。

お見送りのプチギフトの相場

1人当たり平均:280円
最後のお見送りに渡すプチギフト。
自分達でほとんど用意するアイテムだけど、結婚式場に頼めば30%オフなど特典もあるので、特にこだわりがなければそちらを頼んでも◎

結婚式場のお花の相場の相場

平均:17万5000円
結婚式場を彩るのに必要不可欠なのが式場の装花。
金額も上がりやすいアイテムだけど、予算を削りやすいという一面も。
バラやユリをたくさん使うなど豪華にすれば金額もアップしていきます。

引き出物の相場

平均:3900円〜6100円
最近では引き出物は全員統一ではなく、友人、職場、親族と分けるのが主流。
若い人にはグラス、高齢者には陶器など相手に合わせて変えるのもあります。
地域性や親の意向などもあるので、親と相談するのも忘れずに。

新婦ドレス・着物・白無垢の相場

平均:45万2000円
着る点数によって変わるのがドレス。
やはり主役は花嫁ということで、新郎よりも大幅に相場はアップ。
3着と4着でもかなり料金は変わってきます。
刺繍やレースなどの高級素材のドレスになるほど料金も上がってきます。

結婚式ドレスの種類を参照

新郎衣装(タキシード、袴)の相場

平均:15万8000円
タキシードがメインでフロックコートという流れが主流。
昔よりも値段はアップしており、新郎もオシャレになってきています。
袴に替えて着物の新婦と一緒に出るなど、工夫してみても◎

介添料の相場の相場

平均:2万6000円
キャンドルサービスのときにドレスの後ろを動きやすくサポートするなどのスタッフ料金。
地域によっては介添料は式場プランに含まれていることもあります。

美容師さんによるヘアメイクの相場

平均:8万8000円
お色直しやヘアメイクなどは美容師さんがするのが一般的。
式場が紹介してくれる美容師さんにお願いするのがメインになるでしょう。

新婦着付け料金の相場

平均:5万7000円
プロの美容師さんに頼むのが着付けの料金。
ドレス→和装など着る順番によっては慌ただしくなったりするため、花嫁さんは非常に忙しい3時間になります。
和装も加えると着付けをする人数も時間も変わるため、料金もアップ。

新郎着付け料金の相場

平均:7700円〜1万2300円
新婦とは違って着付けも簡単な新郎。
そのため新婦よりもかなり抑えられますが、袴など和装になると着付け料金もアップ。

会場使用料の相場

平均:20万5300円
会場使用料はホテルのランクや、貸し切り式場などによって変わってきます。
ゲストの人数などのよる会場の広さでも変わります。

ブライズルーム使用料の相場

平均:1万6600円
花嫁の支度や家族の控え室などの料金。
会場によって使用料は変わってきますが、基本的には費用を削りにくい項目です。

司会の料金の相場

平均:6万5000円
人気のある司会者に頼めばもっと高額になります。
式場を通して司会者を頼むことが多く、こちらも費用は削りにくい部分です。

ドレス持ち込み料の相場

ドレス1着当たりの平均:3万270円
会場で借りるところがあれば、費用もグッと抑えられます。
持ち込み料は交渉もしやすいですが、ブライダル課と衣装課が違う場合もあるので、交渉は早めにしておきましょう。