目指せ黒字!結婚式の費用の捻出

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
目指せ黒字!結婚式の費用の捻出

トータルで考えるとかなりの額になる結婚式の捻出費用は?

二人のオリジナリティー溢れる結婚式にしたいなら、結婚式の費用は親に借りるのではなく、自分たちだけで捻出しましょう。

費用を自分たちだけで負担すれば、結婚式を好きなように演出することができます。
親に借りる場合は、どうしても親の意見を考慮しなければならなくなるのです。

そして、自分たちのやりたいことをすべてやっていたら、費用が赤字になってしまいます。

中にはローンを組んで結婚式の費用を工面するカップルもいますが、出来れば貯金から出したいものです。
そのように結婚式の費用は捻出すればいいのでしょうか?

本来であれば自分達で出費できるのが理想的

本来でしたら、結婚式は本人たちの経済力に合わせたものにするべきです。

しかし、それだとこじんまりしたものになってしまうことがありますので、どうしても予算以上の費用が必要になる場合も少なくありません。

ローンを組んだり、人から借りる場合は、これからの新婚生活を考えて借りる金額を決めましょう。
また、結婚式の費用を削る時は、ご祝儀は削らないように気をつけましょう。

ご祝儀の大切さと用意の仕方

ご祝儀は挙式・披露宴でお世話になって人達への心付けです。
新札で出すのがマナーですが、心付けを削るというのは、あまり望ましいものではありません。

式場によっては、当日にならないと美粧や着付けを何人でしてくれるかわからないこともあります。
予算よりも多い人にお世話になった場合を想定して、あらかじめ大目にご祝儀袋と診察を用意しましょう。

結婚式は多くのスタッフや周囲の人の協力で成り立つものです。ご祝儀などの周囲に対して必要なものは、
キチンと用意しておくことで、二人の印象はとてもよいものになります。

協力してくれる人たちに好印象を与えるためにも、しっかりと用意しておきましょう。

もっとも削りやすい結婚式の衣装は?

結婚式の費用で一番削りやすいのは、自分たちの衣装代です。
後は演出代、そして料理代と続きます。披露宴は招待客が主役なので、主役の費用は一番最後に削りましょう。

また、結婚式の予算が足りない場合の、ブライダル専用のローンというモノもあります。
どうしてもお金を借りなければならない場合、借りられる人が周囲にいない場合はそちらを利用しましょう。

結婚式の費用のうち、半分は自分たちの貯金、4分の1は親や親せきからの援助、残りは披露宴の祝儀総額
というのが一般的な結婚式費用の捻出先の割合です。

まずは貯金をしておく

最低でも半額は自分たちで出せるように貯金をしておきましょう。
また、親や親せきに借りる時は、返済に無理のない範囲で借りるようにしましょう。

せっかく素敵な結婚式をしても、その費用の返済で新婚生活が台無しになってしまっては意味がありません。
しっかり計画を立てて、削れるところは削り、極力借りる金額は少なくしましょう。

また、最近は結婚式に使う小物を手作りする人もいます。自分で造ったブーケやベールで行う結婚式も素敵ですね。

もっと削れるものは?結婚式予算を削りたいなら以下を参照してみてください。