正式結納の仲人を立てて行う結納の進行と流れ

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
正式結納の仲人を立てて行う結納の進行と流れ

まず、男性側から先に入室します。結納品を床の間に飾り、受書を床の間の下に置いて席に座ります。
そして女性側も入室し、同様にします。仲人夫婦が入室して着席します。

男性側の父親が仲人にあいさつをします。

男性父親「お忙しいところをわざわざお運びいただき、ありがとうございます。
ご好意に甘え、すべてお世話いただきこととなりました。よろしくお願いいたします」

仲人「本日はお日柄もよくご両家の縁談、相整いましておめでとうございます。
本日は略式にて、この席で結納のお取次ぎをさせていただきます」

男性側の母親が結納品を仲人の前に置いて、軽く礼をします。
男性の父親と仲人が口上を述べ、互いに礼をします。

男性の父親「これは我が家(名前)より相手側(名前)へのお結納の品でございます。
先様へ幾久しくお願いいたします」

仲人夫婦が結納品を女性本人の前に置き、仲人が口上を述べ、礼をします。

仲人「こちらのお品は、男性側(名前)から女性側(名前)へのお結納でございます。
幾久しくお納めください」

女性本人・父親・母親の順で目を通し、女性本人が目録を元通りに包んで戻します。
本人と女性の父親が口上を述べ、女性側と仲人夫婦が深く礼をします。

女性本人「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」
女性父親「ありがとうございます。幾久しくお納めさせていただきます」

女性の母親が床の間の男性側への結納品をおろし、そこへ贈られた結納品を置きます。

女性の母親が受書を仲人の前に持っていき、女性の父親が口上を述べます。
最後に、女性側と仲人夫婦が深く礼をします。

女性父親「これは我が家(名前)よりの受書でございます。先様へよろしく
お願いいたします」

仲人夫人が受書を男性本人の前に持っていき、口上を述べます。

仲人「これは女性側よりの受書でございます。幾久しくお受け取りください」

女性側の母親が結納品を仲人の前に持っていき軽く礼をします。
女性側の父親と仲人が口上を述べ、互いに礼をしましょう。

女性父親「これは我が家(名前)より相手(名前)へのお結納の品でございます。
先様へ幾久しくお願いいたします」

仲人夫人が結納品を男性本人の前に受書同様に持っていき、受書よりも上座側に置きます。
仲人の口上の後、仲人が深く礼をします。男性側は軽く礼をします。

仲人「こちらのお品は、女性側(名前)から男性側(名前)へのお結納でございます。
幾久しくお納めください」

男性本人・父親・母親の順で目録に目を通し、男性本人が目録を元通りに戻して台に置きます。
本人と男性の父親が口上を述べ、男性側と仲人夫婦が深く礼をします。

男性本人「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」
男性父親「ありがとうございます。幾久しく納めさせていただきます」

男性の母親が結納品を床の間に飾り、受書を仲人に持っていきます。
父親と仲人が口上をかわします。その後、男性側と仲人が深く礼をしましょう。

男性父親「こちらは受書でございます。よろしくお取次ぎくださいますようお願い申し上げます」

仲人が受書を女性側に渡して口上を述べます。女性本人がお礼を述べたら、
女性側と仲人が深く礼をします。

仲人「男性側(名前)より受書でございます。お納めください」
女性本人「確かに頂戴いたしました」

仲人がしめくくりのあいさつをしたら一同深く礼をし、それぞれ挨拶をしたら、
もう一度一同深く礼をして終了します。

仲人「これにて、めでたくご両人のご婚約が成立いたしました。
これをもちまして、結納の義をおひらきとさせていただきます」

男性父親「今後とも、若い二人と両家をよろしくお願いいたします」