正しい結納の席次とは?常識的な席次を決めよう

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
正しい結納の席次とは?常識的な席次を決めよう

結納の時は席の場所もとても重要

結納の席次は地方や家ごとに決まりがありますので、お互いの家のしきたりをしっかり確認しておきましょう。
また、結納の形式にも、合わせて決める必要があります。

しかし、結納の席次については自宅で行う場合は、結納の仲人がホテルや料亭、レストランで行う場合は、お店の方やホテルの方が正しい席次を教えてくれますので、大まかに決める程度で大丈夫です。

席次の基本は、上座は本人、隣の席に父親、その隣に母親となります。
しかし、地方によっては本人が一番下座に座ることもあります。

往復型の場合は仲人夫婦と当事者向かい合って座ります。

両家の人たちが一堂に集まる形式の時は、床の間や飾り台と呼ばれる結納飾りや受書を置く台に向かって右側が男性とその家族、左側が女性とその家族というように座ります。

上座から本人、父親、母親どうしが向かい合う形となります。男性が婿養子に入る場合は、左右が逆になります。

仲人の席は昔は下座でしたが、最近は上座に座ってもらうのが基本となっています。
仲人は目上の方ですし、結納を進めていただく方です。

こちら側からお願いして、引き受けていただいたので上座に座ってもらいましょう。
また、仲人の方に結納品を運んでもらう時も、上座の方がスムーズにいきます。

しかし、仲人の自宅で結納を行う場合は、仲人は下座に座るのが一般的です。
このように結納を行う場所によって、結納の席次が変わってしまいますので、気をつけましょう。

和室で結納を行う場合

料亭や自宅の和室で行う場合は、畳のへりを踏まないようにしましょう。
座る時も畳のへりを避けて座り、入室や退室する時も畳のへりに注意しましょう。

そして、長時間の正座はどんな年齢の方にとってもしんどいものです。
脚がしびれないように、途中で足を崩してもらったり、配慮や工夫をすると粗相がありません。

短時間で簡易的に終わらせてしまって、結納後の祝い前は洋室で、という方法もあります。
高齢の方や普段着物をあまり着る機会がない若い方などが着物で正座をするのは、とても大変です。
服装がまだ決まっていない方は、結納で着る服装をチェックしておきましょう。

男性は簡単に足を崩すことができますが、女性はそうはいきません。気配りを忘れないようにしましょう。
また、料亭で結納を行う際は、事前に椅子席を用意してもらいましょう。

席次は格式に関係なくしっかりと

結納の服装や、形式は現在は略式が増えていまし、そちらの方が一般化しつつあります。
しかし、結納の席次はしっかり行った方が結納の厳格な雰囲気を損なわずに済みます。

また、和室で結納し洋室で祝い膳という流れの時は、洋室の準備もしておきましょう。
結納のあと、洋室の準備で先方を待たせることがないようにしておくと雰囲気を損ないません。

また、和室での結納中足がしびれてしまったら、すぐに足を崩すのではなくて区切りのいいところまで我慢しましょう。
結納品を渡している最中や仲人がしゃべっている最中に足を崩すのは好ましくありません。