挙式はいつがいい?結婚式を挙げる理想的な日とは?

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
挙式はいつがいい?結婚式を挙げる理想的な日とは?

挙式の日取りは出来るだけ招待客が都合がいい日にすべき

挙式で一番多くの人数の割合を占めるのは、招待客です。
ですので、挙式の日程はどの招待客でも来やすい日にしましょう。

また、招待客は出来る限り早い段階で日程を抑えておきたいものですし、主役の二人も
どの招待客が来れて、どの招待客が来れないか早く把握したいものです。

結婚式を行うことが決まり、式場が決まったら出来る限り早く招待状を送りましょう。
また、人気の式場ですと1年以上前でないと予約が取れないのです。

式場によって、予約を入れるタイミングが違う事にも考慮しましょう。
また、土日や祝日に挙式をするよりも平日に行う方が費用が安いです。

費用のことも考えて、挙式の日程を決めましょう。何か月前に決めればいいのでしょうか?
挙式を行う半年前には、式場の予約が取れるようにしておくと挙式の準備をスムーズに進められます。

また、両親や媒酌人を立てるのなら、二人だけで話し合うのはよくありません。
まずは、両親や媒酌人と挙式の日程について話をしましょう。

挙式や披露宴を行いたい場所が決まっている時は、その場所の状況などを把握し、問い合わせをして、挙式の日程を決めてください。

どの場合でも、早めに日程を検討することが大切です。

結婚式の日程や季節

1番人気の結婚式の日程

結婚式の時期で人気なのは、春と秋、そして6月です。
6月は梅雨の時期ですが、ジューン・ブライドなので、人気があります。

しかし、雨天でも決行できるよう工夫と配慮をすることがとても重要になって来るので、さまざまな考慮が必要です。

また、蒸し暑い時期ですので、料理や演出などにも気を配りましょう。

6月の上旬を選んだり、駅に直結した結婚式場を選んだりすることで、招待客にストレスを与えません。
ただし人気がある結婚式場は予約がいっぱいの場合があります。

1年前から予約が入っている場合もあるので、とにかく早く結婚式場を抑えましょう。

嫌がられる結婚式の日程は?

また、ゴールデン・ウィークは結婚式が良く行われますが、連休を楽しみたい人もいるので、
ゴールデン・ウィークの最初の方か、最後の方に入れましょう。三連休の場合でも同じです。

連休中の挙式の日程は、せっかくの個人の予定を邪魔しない配慮が大切なのです。

このような結婚式の予定が多く入る時期をハイシーズンといいますが、ハイシーズンの土日に挙式の
予定を入れたい時は、半年以上前から予約を入れておきましょう。

また、人気のシーズンは日取りが開いていない上に、バタバタしていますので、あまり落ち着いた雰囲気での
挙式は期待できません。ハイシーズンに対して、夏真っ盛りや真冬はあまり予約が入りません。

熱さが厳しくない地域や、雪が余り降らない地域は、こういったシーズンに予約を入れるのも手ですよ。
招待客や媒酌人の都合に合わせて予約を入れるのが、一番いい日程の決め方です。

平日の結婚式だってアリ

平日の夜に挙式や披露宴を行うカップルも最近では増えています。
さまざまな時間滝の挙式がありますので、挙式の日程が決まらない場合は、式場のスタッフに意見を聞きましょう。

生理中の結婚式は大変

また、女性の生理が順調で予想できる場合は、生理予定日は避けた方がいいでしょう。
挙式の日程を決めるのは、とても大変ですが、考慮したいポイントをメモしておきましょう。