挙式と披露宴までの流れを知っておこう

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
挙式と披露宴までの流れを知っておこう

挙式と披露宴を行うか、それをまず決める

挙式と披露宴のことを決める時に一番最初に行うこと。それは、二人が挙式と披露宴を行いたいかどうかを確認することです。

最近は、女性でも挙式と披露宴に興味のない方も多くいらっしゃいます。
ですので、「女性=挙式・披露宴を行いたい」という固定概念に縛られずに自由に決めましょう。

二人で十分に話し合い「必要ない」ということになれば、周囲に報告して同意が得られればOKです。
特に、披露宴にはしっかりした準備と予算がかかってしまいます。

どうしても行わないといけないかどうか、予算が足りるかどうかなどのポイントを話し合い、二人で意見が合えば無理に行う必要はありません。

仲人を立てている場合は要注意

ただし、仲人を立てている時には、仲人の意見を聞く必要があります。

披露宴の準備は、招待客を決め、主賓などを選択し、席次を決め、引き出物を決めるなどの作業があります。
二人で楽しんで行うのが利用的ですが、ギスギスしてしまうこともあるでしょう。

それを避けるために、二人だけで海外挙式をしたり、身内だけで結婚式をしたり、カジュアルなパーティーを開いたりとさまざまなスタイルがあります。

最近は二人だけで海外挙式を行うスタイルが人気のようです。
挙式・披露宴で二人らしさを出そうとすると、準備の内容は増えていき、大変になります。

挙式・披露宴をするべき準備にもれや忘れがないかをチェックしておきましょう。
本屋雑誌などを参考にするといいですよ。

挙式・披露宴の大まかな流れ

最近は挙式・披露宴の流れを把握するために、ウェブ上で検索してプリントするという方法をとるカップルが多いです。
本や雑誌などを持ち歩くのは重いですから、二人分コピーしてそれぞれが持ち歩いたり、女性側が持ち歩いたりします。

ウエディング・ドレスのデザインは年々変わりますので、最新の情報とベーシックな情報、両方リサーチしておきましょう。
では、ここからは、挙式と披露宴の大まかな流れをご説明いたします。しっかりと把握しましょう。

・ブライダルプランを決める
・親の希望をある程度きいてみる
・媒酌人を立てるか立てないか決める
・挙式のスタイルを考える
・挙式希望日を決める
・挙式のおおまかな場所を決める (男性側の地元、女性側の地元、ホテル、式場など)
・料理の内容をだいたい考える

まずは、二人だけでここまでの流れを具体的に話し合って決めましょう。
これは、挙式や披露宴の準備のみなので、2次会の手配やハネムーンなどはまた別で決めましょう。

情報収集をして、自分たちのスタイルを決めたら、式場の予約をして式の具体的な準備にかかります。
スタッフの方々へ心付けをし、司会者の方と打ち合わせをしましょう。

そして、挙式・披露宴の当日を迎えます。丁寧に準備をすると当日を余裕を持って楽しむことができます。
いい結婚式にするには、入念な準備が必要となるのです。計画的にすすめていきましょう。