招待状の発送と出席者の確認をしておこう

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
招待状の発送と出席者の確認をしておこう

招待状の印刷直前まで仕上げておこう

招待状が出来上がったら、発送をしましょう。
招待状の印刷ができるまでの間、招待する予定の人に結婚が決まったことや披露宴に出席して欲しいことを連絡しましょう。

いきなり結婚式の招待状が送られてくると、驚いてしまうし予定を開けておくこともできません。
また、招待状の発送先をリストアップしておくと、招待状が出来上がった時にとても楽です。

家族、親せき、両家の両親の知人、会社関係者、学校関係者などのジャンルに分けて職業や役職も
書いておきましょう。

招待客の年齢や電話番号も超えておくと、席次を決める時、結婚通知状の送付、お礼やおみやげを
決める時などにとても便利です。リスト作りは丁寧に行いましょう。

ホテルや式場などに宛名を依頼する時は住所と名前だけをコピーして渡してください。

招待状が出来上がったらすべきこと

結婚式・披露宴の招待状ができあがったら、内容に間違いがないかチェックをして媒酌人に一番最初に届けましょう。

事前に予約をとり、先方の都合のいい日時に手土産を持って二人一緒に伺います。
お届けする場合でも封筒の表にきちんと宛名を書きましょう。

主賓にも同様に招待状を持っていきます。

媒酌人や会社の上司の場合は、社内で手渡しをするケースもありますが、プライベートな事なので
先方に確認と取って自宅まで伺いましょう。

招待状の書き方

自分で宛名を書くときは、筆ペンなどの濃い黒の墨で書きましょう。
夫婦や兄弟に連名で出す時は両方の名前に「様」をつけます。

夫婦の夫人の方の名前が分からない時は「ご令室様」と書くようにしましょう。

封筒の表と返信用のはがきには慶事用の切手か花などのおめでたいデザインの切手を選びましょう。

招待状のすべての準備が整ったら、祝辞や余興をお願いする人にはしおりにその旨を書いて封をします。

結婚式の招待状を出す時期とタイミング

結婚式の招待状は2ヶ月前〜3か月前に出すのが一般的です。
1ヶ月〜2か月前でも問題ありませんが人によっては「少し遅いな」と感じる人もいるでしょう。

あまり早すぎても、招待状を送られて方は予定が分からず困ってしまいますので、早ければいいというものでもありません。
適切な時期に出すようにしましょう。

はがきの返信結婚式の招待状を送ると、出席者を確認するための返信はがきを受け取りますが、1ヶ月前に受け取るようにしましょう。

期限を過ぎても返信はがきが送られてこない場合は、2〜3日待ってから電話で連絡をします。
その時は結婚式の招待状が届いたかどうか、返信はがきを送ったかどうかの確認をするようにします。

招待状を送った相手と親しい間柄でも「早く返信してほしい」と直接頼むのはやめましょう。
また、式場に迷惑をかけないためにも最低でも2週間前には受け取るようにします。

せっかくの結婚式ですので、返信が届かない招待客に対しても感じよく電話しましょう。
そこで険悪になってしまうと、当日結婚式に来づらくなってしまいます。