披露宴の席次の決め方と注意点

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
披露宴の席次の決め方と注意点

多くの招待客が集まる披露宴は席次に配慮

披露宴の招待状の返信が届き、出席者の人数が最終的に決まったら、披露宴の席次を決めます。

挙式の直前はなにかと忙しいので、招待状を発送した段階でおおまかな席次と考えておきます。
こうしておくと席次決めがスムーズに行えます。

披露宴の会場、料理、披露宴自体のスタイル、大まかな人数などが決定したら会場担当者から席の配置図をもらっておくと便利です。
着席の披露宴では、席次に対する心配りが大切ですので、席次は丁寧に決めましょう。

新郎新婦・媒酌人夫婦が座っている披露宴会場のメインテーブルに向かって左に新郎側、右に新婦側となります。

メインテーブルに最も近い位置が上席、出入り口にもっとも近い位置が末席となります。

上席には主賓、上司・恩師などの目上の方々、先輩、友人・同僚など、親戚、家族と配置し、
末席が両親となります。同じ上司や先輩などでも肩書が上の人をいい席にしましょう。

結婚式の席次一例

大まかな席次をきめたら、次は細かい微調整をしていきます。
序列だけで席次をきめてしまうと、全く面積のない同士が近くに座ることになります。

これでは、招待客も気疲れしてしまうので、同じ職場や同じ大学、高校、地元の人同士となるように配慮する必要があります。

面識がない人同士が座らなければならない時は、年齢を合わせたり、話し好きな人を入れたりしましょう。

話し好きで信頼がおける人にあらかじめ「知り合いがいない方だから話しかけてあげてね」と頼んでおきましょう。

新郎新婦と同年代の友人知人は会えて新郎側と新婦側を一緒のテーブルにすることもあります。
話しも弾みやすく、アットホームな雰囲気になりやすいのです。

新郎側と新婦側の招待状客数に差がある場合は、新郎新婦の近藤テーブルを人数の少ない側に入れて調整します。
小さいお子さんのいるテーブルは端に、司会者の方の席はマイクの近くにしましょう。

披露宴のテーブルにはいろいろなタイプがある

一口に披露宴のテーブルといっても最近はさまざまなタイプがあります。

一般的で一番人気が高いのは円卓ですが、これは料理が洋食や中華の時に使われ、四角いものは和食の時に使われることが多いです。

四角いテーブルは新郎側と新婦側に1列ずつ配置する場合と、新郎側と新婦側に数列づつ配置する場合があります。

丸いテーブルの場合も四角いテーブルの場合も、上席なら末席まで順位が決まっていますので、招待客の気持ちに考慮して配置しましょう。

最近は少人数制の披露宴では、オーバル型のテーブルが人気となっています。

また、立食式の披露宴も最近はとても人気がありますが、年配の方や主賓には椅子を用意しましょう。
メインテーブルの近くにテーブルを用意するスタイルもあります。

料理を取り分けてくれるサーブ担当者を会場側に用意してもらうこともありますが、予算がなければ
食事のマナーを心得た友人に依頼するようにしましょう。