意外と多い!婚約の解消とやり方

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
意外と多い!婚約の解消とやり方

世の中マリッジブルーという言葉が頻繁に出るように、結婚前にとても悩んで解消してしまうカップルも意外といるものです。
残念ながら結婚に至らなかった2人ですが、結婚してから離婚する方が大変でエネルギーも使うもの。

その場合は婚約の解消となります。

婚約の解消は人を介そう

婚約期間中に問題が発生したり、どうしても合わない部分が出て来たらしっかりと話し合いをして、結婚までに解消しておきましょう。

万が一、結婚に対してためらいを感じたら冷静に考えるようにしましょう。
感情的な言い合いなどをしてしまうと、まとまる話もまとまりません。

出来れば仲人、見合いの世話人などに相談するとよいです。信頼できる年長者の方や
身内に相談してみると、本人同士では思いつかない解説策もでてきます。

そこまでやっても、どうしても結婚出来ないとなったら婚約を解消します。
しっかりとお互いに話し合った上で判断してください。

婚約の解消は、まず両親に告げ、仲人を立てている場合は仲人に説明に行きます。
二人で行けない場合は、どちらかが良き、どちらかが手紙を書きます。

その場にいない相手側の悪口などは言わないようにしましょう。
結納品や結納金、婚約記念品は必ず相手側に返すようにしてください。

返す時は、二人をよく知っている代理人を立てるとトラブルになりません。

結婚式場などを予約している場合は、早めにキャンセルをしましょう。
また、新婚旅行のキャンセルも忘れないようにしてください。

キャンセル料は、当日が近づけば近づくほど高くなります。
早め早めの対処を打ちましょう。

一方的に婚約を解消する時は?

どちらかが一方的に婚約をキャンセルする場合は、解消を申し出た側が結婚式場のキャンセルなどの手続きをし、キャンセル料を負担するのが一般的です。

金品はそのままで返し、婚約指輪などの品物はその代金を返しましょう。

婚約解消が不当な場合や、結婚のために女性が退社したのに男性側に婚約解消をされた場合は、慰謝料が請求できます。

そういったトラブルの場合は、まず仲人に間に入ってもらい、それでも解決できない場合は、弁護士などを立てましょう。

婚約解消の通知状

婚約の解消をすることになったら、婚約パーティー、婚約式、婚約通知状、披露宴の招待状を
贈っているなどで婚約を報告した人たちへ急いで取り消しましょう。

婚約を自分で報告した人たちだけに、解消した旨を伝える通知を出しましょう。
連名で出せる時は連名で、各人で出す時は、本人と親の名前を書きます。

そして、仲人への謝罪とお祝い返しをしましょう。
「薄謝」と記た熨斗袋に相応の現金を入れ、お詫びにうかがいましょう。

二人で別々に仲人の家を訪れ、半額づつ包みます。

お祝いをいただいた方には、あいさつ状にお詫びの言葉を添えて知らせます。
頂いたお祝いと同額くらいの商品券を返すのがマナーです。

「お納めください」や「お返しします」という言葉は、お祝いの気持ちを跳ね返すような印象を相手に与えますので、使わないようにしましょう。

「深くお詫び申し上げます」という言葉で問題ありません。

婚約の時期にあまり形に残るものを贈ったりしない方がいいという風習がありますが、こういった婚約解消の時に、困ってしまうからです。
お金などの方が解消時に困りません。