忘れてないかチェック!結納直前の準備は万全に

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
忘れてないかチェック!結納直前の準備は万全に

自宅で結納を行う場合はどんな準備をするの?

結納をお店などではなく、自宅で行う場合はしっかりとした準備が必要になります。
結納は結婚前の大切な儀式です。丁寧に準備をして、結納当日を迎えましょう。

そもそも結納とは、伝統に沿って行うとてもおめでたい儀式です。
自宅で行う場合も相応の準備をして慎重に勧めていかなければなりません。

結納を自宅で行う準備はまず、掃除から始まります。
家の外回り、部屋の中を丁寧に掃除しておきます。

外玄関には当日の朝、打ち水をしましょう。そして、玄関にはお祝いにふさわしい華やかな
お花を飾りましょう。赤い色はお祝いの色ですし、一気に明るい雰囲気になります。

お祝い禅の準備もしっかり行っておきましょう。和装の場合は、和服でも食べやすいものにしましょう。

結納に使う部屋以外の準備

結納が始まる前に、先方は控えの間に案内しましょう。

結納に使う部屋も当然、キレイにしておかなければなりませんが、できれば家中
キレイにしておきましょう。

もし、かたづけが間に合わない場合や、部屋数が少ない場合は結納をする部屋に
直接入っていただいてもかまいません。

そして、結納の儀式の前に出すお茶は桜湯か、昆布茶が一般的です。
一部の地域を除いて緑茶は「茶を濁す」という理由でお祝いの場には不向きです。

桜湯は桜の花の塩漬けを湯に浮かべたもの、お見合いの時にも出されるものですが、
おめでたい時には欠かせないものですので、入れられるようにしておきましょう。

桜の花を入れた湯呑みにお湯を注ぐと桜の花がキレイに開き、見た目にもかわいらしく
おめでたい気分をさらに盛り上げてくれます。

一般的には結納の時には出さない緑茶は、九州地方では結納の時に出す風習があります。

そして、桜湯や緑茶に沿えるお菓子はおめでたい銘の入った物を準備しましょう。

座布団のカバーもキレイで華やかな色のなものを買っておきましょう。

訪問者や電話への対応

結納当日は、玄関に「本日は結納ですので、訪問販売はご遠慮ください」という張り紙をしておきましょう。
そして、電話はあらかじめ留守番電話にしておきましょう。

結納中は出来る限り結納に集中できるよう、事前に対策を打っておくと結納中にあせることがありません。

また、結納ではお酒を飲みますので、先方や仲人には電車やタクシーで来てもらいましょう。
どうしても車でないと来れない場合は、他の方にもお酒を出すのはやめましょう。

そして、近所の駐車場の場所などをメールで伝えておきましょう。

男性宅で結納をする場合

最近では婿養子でなくても、男性宅で結納をするケースが増えています。

男性宅での結納は、「女性側に男性側が結納品や結納金を贈る行事」ではなく「両家が集まって、結納を行う」という雰囲気になります。

結納の際の席次などが変わって来ますので、細かい点にご注意ください。
その他の結納の準備は、女性宅の時と同じようにしておきましょう。