両家で服装は合わせるべき!結納の時の服装とは?

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
両家で服装は合わせるべき!結納の時の服装とは?

両家の格好が同格になるのが一番大切!

結納はきちんとした格好で行いたいものですよね?
一昔前までは結納は「結婚式に準ずる大切な儀式」というとても格式高いものでした。

ですので、結納の出席者の服装は巡礼装にするのが一般的でした。
しかし、最近は略礼装、あるいは平服で行う場合も少なくありません。

出席者全員のバランスがとれていることが一番大切なので、結納前にお互いの家で打ち合わせをしておきましょう。
仲人を立てて執り行う場合は仲人にも服装について連絡をしておくとよいでしょう。

しかし、仲人を立てて行う場合は、仲人夫婦の考えかたやこだわりを尊重して服装選びをすることが重要となります。
仲人が格式を重んじるようであれば相応の格好をし、仲人が略礼装でいいと言えば略礼装にしましょう。

お互いの家で服装を決める前に仲人の意見を聞いておくとスムーズに決まります。

和装にするか洋装にするかを決めよう

女性本人は和装ならば振り袖や訪問着になりますが、着なれない方は疲れてしまいますし、食事中の袂などの所作に困ってしまいますので、注意が必要です。

しかし、振袖は結婚前にしか着ることができないものですので、振袖を最後に着るチャンスでもあります。
和装の場合は振袖を選ぶか、訪問着を選ぶか、じっくり考えましょう。

様相ならば、格式を重んじる場合はアフタヌーンドレスにし、本来ならば早い時間が望ましいですが、セミイブニングドレスやカクテルドレスがいいでしょう。

着物に自信がない方の場合は、無難にスーツやワンピースにしておくと、食事の際に安心です。
結納はただでさえ緊張しますから、緊張する要素は出来る限り減らしておくのもいいでしょう。

また、メイクの派手さやアクセサリーをどれくらいつけるかなども良く考えておきます。

平服の場合は、スーツやワンピースにして、男性はブラックスーツかダークスーツが基本となります。

双方の父親は、スーツ同士か礼服同士で揃うように気をつけましょう。
双方の母親は、和服同士、洋服同士と揃える必要はありませんが、気になる場合は相談して合わせておくといいでしょう。

食事会でも服装は打ち合わせをしておこう

結納は行わずに、双方の家族が集まって食事会をする場合でも、必ず事前に服装について打ち合わせをしておくとよいでしょう。
結納を行わない場合の食事会は、結納のように大切な場になります。

和装か洋装か決まらない時は、食事会を行うお店の雰囲気に合わせて衣装を選ぶといいでしょう。
結納の段取りと同様にお互いの家で細かい話し合いをしておくことと結納当日がスムーズにいきます。

また、女性側の家族、男性側の家族の呼ぶ人数を出来る限り揃えておくと、バランスが良いでしょう。
結納は互いの家族が気持ちよく行うことが、一番重要なのです。

「こんなこと、相談する必要あるのかな?」と思うような細かいことでも、遠慮なく言い合いましょう。
お互いの家族がコミュニケーションをとるいいきっかけになります。