両家でしっかり話し合って決める結納の費用と支払方法

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加
  
両家でしっかり話し合って決める結納の費用と支払方法

結納の費用と関しても、双方の家で細かく話し合っておきましょう。

結納を行う場合、結納品、結納金、会食費、会場費などのさまざまな問題が起こります。
昔は男性側が十分な結納金を用意し、結納の会場は女性側が用意するという形でした。

しかし、最近では両家の負担を考え、結納の費用を折半する場合が一般的になっています。

お金の話は、とてもしづらいとこですが、後で話がこじれたりトラブルに発展しないように
しっかり細かいところまで話し合っておきましょう。

これは結納費用に限った話ではありませんが、不安なことは早めに答えを出しておきましょう。
その際には、本人同士が両家の意見を出し合い、親の承諾を得るというのが一番理想的な形です。

両家の親同士が相談するのは難しいことですので、本人たちが気をきかせましょう。
また、結納の費用を折半すると言っても、形式によってさまざまですので、注意してください。

女性宅で結納を行う場合

基本的に結納の会場にかかる費用は、女性側が負担をします。
結納後に祝い膳を囲む場合も、その会場が女性宅であれば女性側で費用を負担します。

男性側は結納品を用意し、仲人を立てて仲人の車代などを負担し、出来る限り費用が
同じくらいになるようにしましょう。

結納後に外に食事に行くときは、費用は両家で負担します。

仲人の家で結納を行う場合

結納の仲人へのお礼にかかってであろう費用を上乗せして渡します。
費用は両家で折半し、連名の熨斗袋で渡します。

式場を借りて結納を行う場合

結納を会場を借りて行う場合は、かかった費用を折半するのが基本です。
しかし、女性側の着物代などの個人的な費用は自分たちで支払いましょう。

結納品の購入費はいくら?

結納品は、一般的に相手に贈る分をそれぞれが買って用意します。

しかし、男性側から女性側への結納品しかない場合は、男性側だけが費用を
負担することになってしまいます。

女性側は受書を購入しますが、受書は結納品にセットになっているのが基本なので、
細かい費用は本人同士でまず相談しておきましょう。

筆耕費を含めてもさほど大きな金額にはならないようなので、男性側から請求する
ケースが多いです。しかし、両家の問題ですから、両家が納得できれば男性側に
費用が傾くことになっても問題ありません。

お互いで結納品を贈り合う場合は、事前に相談し同じものを購入しましょう。

仲人に贈るお礼はどうするの?

結納を進行してもらう仲人には、仲人にかかった負担分のお礼と気配りが大切です。
最近、仲人をたてない結納が増えているのはお礼と気配りを面倒に感じるからでしょう。

仲人は衣装を準備し、着付けしたり、美容院に行ったり、マナーの勉強をしたりととても大変な役割なのです。

二人のためにいろいろとしてくれる仲人にしっかりとお礼をしましょう。

まずはハイヤーの手配です。仲人側が断った場合は車代として往復のタクシー代の1.5倍、もしくは2倍の金額を用意しましょう。

そして、手土産は仲人が荷物にならないように二人のどちらかの出身地のお菓子などにしましょう。
また、祝い膳を囲まない時は「酒肴料」として3万円前後を包みましょう。